硬化熱が怖い!硬化ライトに手を入れるとなぜ熱い?痛い?

硬化熱

お客様とお話している中で、

「前に通っていたサロンは硬化ライトに手を入れると

熱くて、痛くて…

何だか硬化ライトに手を入れるのが怖いんです!」

 

というお客様のお話がありました。

 

みなさんは施術中に熱かったり、

痛みを感じた経験はありませんか?

 

硬化熱についてご説明します。

 

硬化ライトに手を入れると熱い!痛い!のはなぜ?

 

ジェルを固めるランプを硬化ライトといいます。

 

このライトに手を入れて硬化する際、

 

「熱いっ!」

 

「痛いっ!」

 

と感じる場合があります。

 

それはなぜかというと…

 

原因1.自爪が薄くなっている

 

硬化ライトに手を入れて、光を当てることでジェルが固まります。

 

ジェルが固まるときに化学反応がおき熱を発するのです。

 

それを「硬化熱」といいます。

 

健康的な通常な爪の状態ですとあまり感じない

硬化熱ですが、

自爪が薄くなっていたり傷んでいたりすると

硬化熱を感じやすくなってしまいます。

 

ジェルで自爪が薄くなった!傷んでしまった方へおすすめのパラジェル

 

 

原因2.ジェルの塗布量が多い

 

ジェルを丈夫にしたかったり、ぷっくりと仕上げたい場合は

ジェルを分厚く塗る必要があります。

 

しかし、

ジェルを分厚く塗る事で、化学反応も強く起こるので

硬化熱を感じやすくなります。

 

長持ちしない!ジェルネイルがすぐに剥がれてしまう4つの原因とは

 

もし、熱さや痛みを感じたら…

もし、
施術中に硬化熱による熱さや痛みを感じたら我慢せずに、
硬化を中止してネイリストに必ず伝えて下さい。

 

マシーンで削られるのが痛い!怖い!機械を使った施術が苦手な方へ

 

 

当店の「硬化熱」に対する対策は2つ

 

ネイルサロンハンドフェアリーでは、お客様に安全に

ジェルネイルを楽しんで頂くために硬化熱対策をしています。

 

1.基本はサンディング不要のベースジェル

 

一般的にジェルネイルは自爪との密着を良くする為に、

自爪をサンディング(表面を削ること)してからジェルを塗布します。

 

でも、

当店が使用するパラジェルは自爪をサンディングしなくても

しっかり密着できるベースジェルを使用しています。

 

その為、ジェルの付け替え毎のサンディングが不要なので

自爪が薄くなりにくいです。

(ただし、お客様の爪の状態により軽くサンディングする場合がございます。)

 

メニュー&料金のご案内

 

 

2.適量のジェルと丁寧な塗布

 

ジェルを丈夫にしたかったり、

ぷっくりと仕上げたい場合、

ジェルを多く塗る場合があります。

 

でも一度にたくさんのジェルを塗布せず、

何回かに分けて薄くジェルを丁寧に塗布していきます。

 

そうする事で硬化熱の発生を和らげます。

 

また、

はみ出したジェルはしっかり取り除く事で

無駄な硬化熱を発生させません。

 

それでも施術中、

もし、硬化熱を感じたら遠慮せずにお知らせくださいね。

 

その時は、

すぐにライトから手を出して下さい!

 

手を出して硬化熱を感じなくなったら

もう一度ライトに手を入れて硬化します。

 

そうすれば問題なくジェルも硬化出来ます

 

熱さを感じたらすぐに硬化ライトから手を出すことで、

硬化熱を冷まし、

熱を最小限に抑えることができます。

 

「ネイルはしたいけど硬化熱が怖い。」と

ジェルネイルが嫌いになって

やめてしまう方もいらっしゃいます。

 

そんな方にもぜひネイルサロンハンドフェアリーにお越しいただきたいです。

 

ご予約はこちら

 

 

HandFairyをフォローする
東海市のネイルサロンハンドフェアリー【HandFairy】
タイトルとURLをコピーしました